保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

【工作コラム】クルクル走る!風船ねずみ〜素材/風船〜

【工作コラム】クルクル走る!風船ねずみ〜素材/風船〜

1つの風船で長く遊べる方法は無いかな…と考え、思いついた工作です。

クルクルと進む様子が、なかなか面白いですよ。

使う素材は…「風船」です。


エピソード

先日、子どもたちへのお土産に100円ショップで風船を買ってきました。

ワンパック20個入りの風船だったのですが、
「膨らませて!」「結んで!」
の連続攻撃を受け、すぐなくなりそう…!

そうだ、膨らませて飛ばして遊べば、1つの風船で長く遊べるんじゃない?

と思ったのですが、普通に飛ばすと空気がすぐに抜けてしまい、あまり飛んでくれない。

それでは…と思い、ストローで風船の口を狭めてみたところ、
クルクル回りながら進む、面白い動きをしてくれるようになりました。

この工作、4歳のムスコに大ヒットし、最近気がつくと膨らませて遊んでいます。

材料

・風船
・ストロー
・ビニールテープ

使うもの

・ハサミ

作り方

1、ストローを5cmくらいに切ります。
ストローを切り取った写真


2、風船の口に、ストローを半分差し込みます。
ストローに風船をつけた写真


3、ビニールテープでストローを風船に固定します。
ストローから空気を入れるので、隙間が空かないようにピッチリと巻きましょう。
ビニールテープで貼り付けた写真


4、小さく切ったビニールテープで目や鼻を付け、完成!
風船に顔を描いた写真



遊び方


風船を膨らませた写真

ストローから息を吹き込み、膨らませます。

風船を膨らませた写真

手を離すと…

手を離した写真

クルクル走ります!毎回予想外の動きを見せてくれて、なかなか面白いですよ。

★ここでポイント★

風船にスズランテープなどで長いしっぽをつけてみるのもオススメです。


  • 専門家 吉田 麻理子
  • 専門家 吉田 麻理子(くらしの表現家)

1985年横浜生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。東京都小金井市在住。(株)リクルートライフスタイル在籍時の2012 年より工作家として活動を開始。2015年、同社を退職しフリーランスに。日々の暮らしの中で思ったこと・感じたことを、写真・文章・工作などを通し、ブログや育児メディアで表現している。「楽しく生きる」ことをテーマとした、ワークショップ・カウンセリングも人気。活動家でありアーティスト。2児の母。

URL :
ブログ「ポッチリ村」Facebook
専門家とは?
工作家、看護師、管理栄養士など、専門的な分野でお仕事をしながら、ほいくるに専門的なコンテンツを連載している専門家さんの記事。
  • 2018年夏、「ほいくる」は生まれ変わります
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ