保育と遊びのプラットフォーム[ほいくる]

【あそびの庭】講座5 遊びを支える保育環境〜こどもが遊ぶ、こどもと遊ぶ〜

掲載日:2023/11/09
配信期間
2023年5月24日(水)00:00 ~ 2024年3月31日(日)24:00
場所
オンデマンド配信
参加費
園 30,000円 / 個人 8,000円

内容

【あそびの庭保育研修】は、PCやスマホ、タブレットから、いつでも園や保育者の好きなタイミングで視聴できるオンデマンド配信サービスです。現在、全12講座配信中。保育の環境構成や、「環境」という言葉の理解。発達やこどもに合った玩具や絵本など、こどもの生活の道具の使い方や考え方。保育の専門性を楽しく学び、身につけていくための学びの場です。

講座概要

保育現場には、こどもたちが生活をし、遊ぶ環境が整えられています。保育現場によって、その環境はさまざまですが、こどもたちは室内外問わず、身の回りにある生活環境から遊びを探し出し、次々と新しい遊びを見つけ出します。こどもたちの遊びは縦横無尽に広がっていきます。そこに遊びをともにする保育者の存在があります。もちろん、こどもに応じた絵本や玩具の種類、量や配置、植物や生き物の存在も重要ですが、保育者の言葉がけや関わり、遊びの見通しや、道具や材料の用意など、遊びを支える援助がそこには必要です。

本講座では、これまで多くの保育現場で遊びを見つめてきた樋口正春氏と、石神井町さくら保育園園長の有馬聡子氏をお招きして、保育者の関わり方も含めた「遊びを支える保育環境」についてお話しいただきます。実際の保育現場や遊びの実践を通して、遊ぶことの楽しさやこどもたちの喜び、その教育的な価値について学びましょう。

各回の内容

・第1回 遊ぶ、その時に大切にしていること

・第2回 遊びを支える保育者の関わり

・第3回 遊びを支える保育環境 乳児編

・第4回 遊びを支える保育環境 幼児編

・第5回 遊びを通して育つことの価値

・第6回 遊びを支える保育の形

講師プロフィール

樋口 正春(ひぐちまさはる)
保育創造セミナー代表。(福)高洲福祉会まどか保育園、石神井町さくら保育園、豊玉保育園理事長。全国でセミナーを主催しつつドイツでの海外研修を30年以上続け、全国の保育現場で講演を続けている。

著書に『保育と環境』『根っこを育てる乳児保育』(ちゃいるどネット大阪)、『絵本から広がる遊びの世界』(風鳴社)。

有馬 聡子(ありまさとこ)
広島県生まれ。広島の幼稚園に12年勤務。京都つくし保育園を経て、2012年に(福)高洲福祉会 練馬区立石神井町さくら保育園の運営委託開始に参加。幼児保育の経験を重ね、現在園長。

著書に『絵本から広がる遊びの世界』(風鳴社)がある。

※各研修の詳細はこちら

概要

講座概要:全6回(各40分)
配信期間:2023年5月〜2024年3月末 
受講方法:申し込み完了後、何度でも視聴可能
配信方法:オンデマンド配信
参加費:園 30,000円 / 個人 8,000円 

全視聴プラン

あそびの庭で配信している全12講座が受講できるリーズナブルな「全視聴プラン」。どの講座も2024年3月末まで繰り返し視聴できるので、気になることや身につけたいことを、じっくり理解し実践することができます。園内研修や新人研修、園の共通の学びの土台にご活用ください。

申込締切

視聴期間内(2024年3月末まで)であれば、お申し込み可能。



主催者

庭株式会社
私たちは、札幌にある庭ビルを拠点に編集や出版をはじめ、乳幼児教育に携わる方々への研修事業をしています。屋号の「庭」は、人間にとっての暮らしの拠点。人と動植物の環を結び、命を支える空間。野生と戯れ遊ぶ中で立ち現れてくる人間の営みであり、こどもたちにとっての豊かな学びと遊びの場でもありましょう。私たちは、自ら考え、手を動かし、つくり育ててみる。そんな営みが好きなのです。土に触れるように、言葉に触れる。土を耕すように、言葉を耕す。種を播くように、言葉の種を播く。そんなことを、乳幼児教育に携わる方々とともにできたらいいなぁと考えています。

https://www.niiiwapress.com

本サイトに情報が掲載されているセミナー・イベントに関するすべての責任は当該セミナー・イベントの主催者にあり、HoiClue事務局および運営会社である株式会社小学館は、掲載されたセミナー・イベント情報の内容の正確性・有効性、告知内容と実際の内容との整合性等に関して保証するものではなく、当該セミナー・イベントを推奨するものでもありません。