保育と遊びのプラットフォーム[ほいくる]

【小学館せんせいゼミナール】乳幼児の心の基盤づくり〜発達とアタッチメント入門〜<第2回>

掲載日:2024/03/15
開催日
2024年4月22日(月)
時間
19:00~20:30
場所
オンライン
参加費
【個人申込】2,500円(税込)/1名、【団体申込】7,500円(税込)/1園

内容

アタッチメントとは、乳幼児期に特定の大人と緊密な関係をもつことです。
子どもが大人にくっつくという、当然に見られる行動の質が実はその後の発達や、人生に大きな影響を及ぼします。
保育の現場でもよく耳にする言葉かと思います。

今回はアタッチメント研究の第一人者である遠藤利彦先生に、最新の知見を踏まえ、あらためてその重要性についてじっくり解説していただきます。

赤ちゃんの脳を知ることは、ヒトの不思議にふれることでもあります。
そして研究から見えてきた、本来の子育て・保育の在り方について考えていただけたらと思います。

プログラム

<第2回>
アタッチメント:生涯にわたる幸せの揺りかご

現在、世界ではさまざまな目的をもった長期縦断研究が展開されています。そうした研究を通して、乳幼児期にどれだけ自然で安定したアタッチメントを経験できているかということが、その後の生涯にわたる心と身体の健康、あるいは幸せの形成に深く関係しているということが明らかになってきています。
この回では、縦断研究の中でも、「剥奪研究」(普通だったら経験できて当たり前のことが奪われてしまったときにその後、何が起きるか)と「介入研究」(普通だったら経験できないようなことを経験させてみたら、それがその後、どんな効果をもたらすか)の代表的なものにふれながら、アタッチメントのきわめて重要な役割について解説します。

講師プロフィール

遠藤利彦(えんどう・としひこ)

東京大学大学院教育学研究科教授。
東京大学大学院教育学研究科附属発達保育実践政策学センター(Cedep)センター長を兼務。専門は発達心理学、感情心理学。

おもな著書に『赤ちゃんの発達とアタッチメント』(ひとなる書房)、『「情の理」論』(東京大学出版会)、『入門アタッチメント理論』(編・日本評論社)などがある。

概要

乳幼児の心の基盤づくり〜発達とアタッチメント入門〜(全6回)
<第2回> アタッチメント:生涯にわたる幸せの揺りかご


日時:2024年4月22日(月)19:00~20:30
講師:
遠藤利彦先生(東京大学大学院教授)
対象:保育士、幼稚園教諭、小学校教師、保護者のほか、子育てに関心のあるどなたでもご参加いただけます。
参加方法:オンライン
参加費:
【個人申込】2,500円(税込)/1名
【団体申込】7,500円(税込)/1園

※ライブ配信日から2週間の見逃し配信付きです。

申込締切

4/20(土) 18:00


「せんせいゼミナール」とは…

「せんせいゼミナール」は『教育技術』および『新 幼児と保育』を刊行してきた小学館がプロデュースする、幼保・小の保育者と教師のための研修講座シリーズです。
信頼できる専門家や実践者を講師に迎え、先生方の悩みや学びたい気持ちに寄り添う講座をお届けしていきます。

https://kyoiku.sho.jp/senseiseminar/



主催者

小学館教育編集室
小学校教師向け『教育技術』、保育者向け『新幼児と保育』ほか、種々の教育書を発行。Webメディア「みんなの教育技術」「みんなの幼児と保育」も運営しています。これまで培ってきた知見とネットワークを活かして、信頼ある専門家や実践者による講座を展開していきます。

https://kyoiku.sho.jp/

本サイトに情報が掲載されているセミナー・イベントに関するすべての責任は当該セミナー・イベントの主催者にあり、HoiClue事務局および運営会社である株式会社小学館は、掲載されたセミナー・イベント情報の内容の正確性・有効性、告知内容と実際の内容との整合性等に関して保証するものではなく、当該セミナー・イベントを推奨するものでもありません。