小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【せんせいゼミナール】月1回の汐見教室「キーワードから探る保育の奥深さ」6月・7月・8月

掲載日:2022/05/25
開催日
2022年6月17日 (金) 〜 2022年8月19日 (金)
時間
19:00 〜 20:30
場所
オンライン
参加費
各回申し込み 2,200円(税込), 3回セット申し込み 5,500円(税込)

内容

汐見稔幸先生による月1回のオンライン講座です。

保育の現場で日常的に交わされる言葉の意味を、立ち止まって考えてみませんか。

各回、キーワードを入り口に、汐見先生の講義+聞き手役との対話を組み合わせて、保育の根本を探ります。
6月からの夏の教室は、指針・要領において、幼児期の終わりまでに育ってほしい姿として示された「10の姿」を取り上げます。

6月の教室で「10の姿」を現場でどのように扱うべきかを確認したあと、7月の教室で「10の姿」の中から特に重要視したい「協同性」「道徳性」「思考力」などをピックアップして解説します。
そして8月の教室では、園と学校の連携という観点からあらためて「10の姿」に向き合います。

聞き手役は、あそびうた作家の福田翔さんと、せんせいゼミナール事務局スタッフの小野寺裕美がつとめます。
毎月第3金曜日の夜、ご自宅からオンラインで、いっしょに学びの時間を過ごしませんか。

概要

【せんせいゼミナール】月1回の汐見教室「キーワードから探る保育の奥深さ」

日時:
2022年6月17日(金)、2022年7月15日(金)、2022年8月19日(金)
時間:19:00〜20:30
場所:
オンライン
講師:汐見稔幸先生(東京大学名誉教授)
聞き手:福田翔(あそびうた作家)、小野寺裕美(せんせいゼミナール事務局)
参加費:各回申し込み 2,200円(税込)、3回セット申し込み 5,500円(税込)
対象:おもに保育者を対象とした講座ですが、どなたでも受講いただけます。

※各回、開催日から2週間の見逃し配信付きです。
※続けての受講をおすすめします。
※各回ごとのお申し込みも可能です。

くわしくはこちら


プログラム

2022年6月17日(金)

テーマ「10の姿」

2022年7月15日(金)

テーマ「協同性、道徳性、思考力など」


2022年8月19日(金)

テーマ「保幼小連携」

申込締切

  • 6月の回/3回セット 6/15(水) 13:00
  • 7月の回 7/13(水)13:00
  • 8月の回 8/17(水)13:00

講師紹介

汐見稔幸(しおみ としゆき)

1947年 大阪府生まれ。東京大学名誉教授、元白梅学園大学及び白梅学園短期大学学長。
専門は教育学、教育人間学、保育学、育児学。

「せんせいゼミナール」とは…

「せんせいゼミナール」は『教育技術』および『新 幼児と保育』を刊行してきた小学館がプロデュースする保育者と教師のための研修講座シリーズです。
信頼できる専門家や力のある実践者を講師に迎え、保幼小の先生方の悩みや学びたい気持ちに寄り添う講座をお届けしていきます。

https://kyoiku.sho.jp/senseiseminar/



主催者

小学館教育編集室
小学校教師向け「教育技術」各誌、保育者向け「新幼児と保育」ほか、種々の教育書を発行。Webメディア「みんなの教育技術」も運営しています。これまで培ってきた知見とネットワークを活かして、信頼ある専門家や実践者によるオンライン/オフライン授業も展開していきます。

https://kyoiku.sho.jp/