保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【開催延期】〈オンライン配信〉HED(Hoiku Expression Discovery)2020

開催日
2020年4月19日 (日)
時間
13:00 〜 16:00
場所
オンライン開催
ーー
マップをみる
最寄り駅
参加費
無料

内容


【開催延期のおしらせ】〈オンライン配信〉HED(Hoiku Expression Discovery)2020

4月19日(日)に開催を予定しておりました「【オンライン配信】HED(Hoiku Expression Discovery)2020」は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響に伴い、延期することとなりました。
延期後の開催日程等につきましては、まだ調整段階のため、決定後に改めて告知させていただきます。
視聴参加を予定してくださった皆様には大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。
どうぞよろしくお願いいたします。

概要

HED(Hoiku Expression Discovery)2020

日時:調整中
配信:オンライン配信を予定
放送:
Youtubeライブ配信での全国に向けたネット生中継あり、各主要メディア撮影あり
参加費:無料


内容

①「全国一斉 保育士に関する意識調査」アンケート結果報告
※HED2020 公式WEBサイト上にて報告します。

②HEDプレゼンテーション
・全国事業者より保育者のプレゼン

「HED(Hoiku Expression Discovery)2020」について

待機児童問題が大きな社会課題になって20年以上。
令和という新しい時代を迎えた2019年度も国内待機児童数はゼロにはなりませんでした。 2020年度の待機児童数も厚生労働省より近日発表される予定ですが(昨年は4月に発表)、未だ高い水準で保育の受け皿不足が明らかになると予測されます。
また2019年10月、幼児教育無償化の制度化により、さらなる保育へのニーズが高まっています。

一方、保育士の離職率は未だ9.3%と高く、潜在保育士が約90万人いるにも関わらず、保育現場は慢性的な保育士不足が続いています。今後も加速していくことが予測され、保育士が長く働き続けられる環境と処遇を改善することが早急な課題となっています。
2019年5月には、大津で交通事故に巻き込まれるという事故がきっかけで、当時「#保育士さんありがとう」がSNSでトレンド入りした一方、保育士の社会的地位や働き方は十分向上しているとはいえません。

そこで今回、全国保育事業者を中心に、保育士・保護者・その他の人々それぞれに「全国一斉 保育士に関する意識調査」というアンケートを実施。
結果をWEB上に公開予定、保育者自らが保育の専門性・重要性をプレゼンする「Hoiku Expression Discovery2020(HED2020)」をオンライン配信予定です。

社会全体で保育について考える機会にします。

HED2020実行委員会

共催:社会福祉法人檸檬会、学校法人正和学園、社会福祉法人光彩会、株式会社クオリス、ぬくもりのおうち保育株式会社、社会福祉法人あすみ福祉会、株式会社Kids Smile Project、認定NPO法人フローレンス

事務局:認定NPO法人フローレンス

後援:厚生労働省、内閣府(申請中)



主催者

HED実行委員会
「HED実行委員会」は、全国保育事業者8法人(社会福祉法人檸檬会、認定NPO法人フローレンス、学校法人 正和学園、社会福祉法人 光彩会、株式会社クオリス、ぬくもりのおうち保育株式会社、社会福祉法人あすみ福祉会、株式会社Kids Smile Project)により結成されました。
「全国一斉 保育士に関する意識調査」を実施し、「保育士の専門性」に関する意識のギャップを可視化するほか、8法人の現役保育士による保育のプレゼンテーション「Hoiku Expression Discovery2020(HED2020)」もオンラインで一斉配信します。

https://hed.jp/



何からさがす?

こどもの姿

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?