保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【2022年度版】9月の指導計画(月案)<2歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2022/09/01
【2022年度版】9月の指導計画(月案)<2歳児・保育園>

保育園の9月の月案指導計画(月案)、2歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年夏号ふろく「2022年度版 指導計画」よりお届けします。

2022年8月1日より、ほいくる会員機能のご利用時には小学館IDが必要になります。 お手数をおかけしますが、ログインされる際には、会員情報再登録のお手続きをお願いいたします。

前月末の子どもの姿

・パンツで過ごす子も増え、尿意を感じるとまわりの保育者に伝えてトイレに行こうとする。

・水遊びや洗濯ごっこ、色水遊びなど、泡や水の感触を味わいながら楽しんで遊ぶ姿が見られる。また、「(泡をすくって)はい、どうぞ」「〇〇ちゃん、見て見て! 色が変わったよ!」とやりとりしながら、園児同士が楽しんで遊んでいる。

・友達とのかかわりが増えたことから、「〇〇ちゃんの!」などと強く自己主張することが増えてきた。保育者が間に入ることで、相手に思いを伝えようとする。

今月のねらい

養護

・夏の疲れが出やすい時期なので、ゆったりとした生活リズムで健康に過ごす。

教育

・難しいところは手伝ってもらいながら、身のまわりのことをやってみようとし、できたことの満足感を味わう。

・保育者や友達と言葉のやりとりをしながらごっこ遊びを楽しむ。

子育て支援

・少しずつ自分でできることが増え「やってみたい」ということが多くなってきていることを保護者に伝え、成長をともに喜ぶ。園での援助の仕方や様子を伝え、家庭でも自分で身のまわりのことをしようとする姿が見られたときは見守ってもらう。

環境構成

・遊びがイメージしやすいよう、材料(ドングリ、マツボックリなど)を豊富に用意し、見立て遊びを楽しめるようにしていく。

保健衛生

・子どもたちが快適に過ごせるように、室温の調節や換気などをこまめに行う。

・残暑が厳しい時期なので、水分や休息を十分にとるようにする。

『新 幼児と保育』最新号のご購入はこちら