小学館IDへの移行に関する重要なおしらせ

保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

【2022年度版】7月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>※ダウンロード期限あり

新 幼児と保育
掲載日:2022/07/01
【2022年度版】7月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>※ダウンロード期限あり

保育園の7月の月案指導計画(月案)、0歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2022年夏号ふろく「2022年度版 指導計画」よりお届けします。
(※ダウンロード期限:2022年7月31日)

前月末の子どもの姿

・前月から入園した子は、母子分離の際に泣くことがなくなり、園生活のリズムに慣れてきている。徐々に安心して眠れるようになり、睡眠時間も長くなってきている。

・ RS ウイルスが園内で流行し、つくし組(0歳児クラス)でもRS ウイルスによる欠席が出始めている。

・歩行できる子が増えてきた。そのほかの子も仰向けで過ごすことや、ハイハイや伝い歩きを楽しんでいる。

今月のねらい

養護

・安定した生活リズムの中で、心地よく過ごす。

教育

・水に触れ、心地よさを味わう。

・一人ひとりのペースで、寝返りやハイハイ、立つ、歩くなど体を動かすことを十分楽しむ。

子育て支援

・伝染性の病気が出てきやすい時期なので、一人ひとりの体調をよく把握し、保護者ともこまめに情報を共有していく。

・夏の疲れを溜めないよう、園と家庭でゆったり過ごせるような生活リズムを整えていく。

環境構成

・水遊びは初めてなので、安心して楽しめるように環境を設定していく。

・わらべうたで使える布や人形は、子どもが手に取りやすいような位置に置いておく。

保健衛生

・暑くなってきたので水分補給をこまめに行う。

・ RS ウイルスが流行しているので、感染予防の消毒を丁寧に行っていく。

・水遊び後は汗をかきやすい首や脇の下などをタオルで拭き、清潔に保てるようにする。

『新 幼児と保育』最新号のご購入はこちら

ダウンロード

【2022年度版】7月の指導計画〜0歳児〜
期限切れ