保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

12月の指導計画(月案)<4歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2021/12/01
12月の指導計画(月案)<4歳児・保育園>

保育園の12月の月案指導計画(月案)、4歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2021-2022年12/1月号ふろく「2021年度版指導計画」よりお届けします。

前月末の子どもの姿

・発表会を楽しみにしながら、日々の活動に取り組む姿があった。

・恐竜への関心が深まっている。手作りのカルタなどを作り、楽しんで遊んでいた。

・絵本『ちょろりんのすてきなセーター』『もりのてがみ』などを楽しみ、遊びが始まった。

今月のねらい

・自分の気持ちを伝えるだけでなく、相手の思いを聴こうとする。

・友達と共通のイメージを持ち、自分たちで遊びを進める楽しさを味わう。

・年末年始の雰囲気を味わい、伝統行事に関心を持つ。

行事

・身体計測

・避難訓練

・発表会

・年末お楽しみ会

・餅つき

地域交流

・地域の親子と一緒に餅つきを楽しみ、季節感を味わう。

「新 幼児と保育」最新号のご購入はこちら