保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

8月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>

新 幼児と保育
掲載日:2021/07/30
8月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>

保育園の8月の月案指導計画(月案)、0歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭や地域との連携など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、『新 幼児と保育』2021年8/9月号ふろく「2021年度版指導計画」よりお届けします。


前月末の子どもの姿 

・歩行が安定し、体幹がしっかりしてきた子は机といすで食事をした。

・手洗いに興味を示し、自ら水道場に向かい保育者と一緒に手をこすり合わせた。

・プールやタライに浸かり玩具で遊び、顔や体に水がかかることを心地よいと感じ、テラスでの温水遊びを楽しんだ。

・絵本を見ながら保育者の「ワンワンだね」などの声かけに指さしをして応えようとした。

・保育者の模倣をして手足を動かし、体操遊びを楽しんでいた。



今月のねらい

養護

・休息を十分取り、水分補給をこまめにしながら健康に過ごす。

教育

・保育者や友達と一緒に温水遊びやプール遊びを楽しむ。



子育て支援

・プールチェック表で温水遊びの可否を必ず伝えてもらい、子どもの健康状態を把握していく。また、園での体調の変化を保護者に知らせる。

・夏ならではの感染症(手足口病、とびひなど)についてお便りで知らせ、情報を共有し早期発見に努める。



環境構成

・外気温が高い時間帯を避け水遊びをする。

・水遊びの2時間ほど前から水を張り、適度な水温(約25℃)で、心地よく遊べるように配慮していく。

・温水遊びの準備や手順をスムーズかつ安全に行えるよう環境を整える。



保健衛生

・適度な温度(26 ~ 28℃)や湿度(60%)に留意し、こまめな水分補給をして快適に過ごす。

・休息や睡眠を十分取る。



「新 幼児と保育」最新号のご購入はこちら