保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

11月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>※ダウンロード期限あり

新 幼児と保育
11月の指導計画(月案)<0歳児・保育園>※ダウンロード期限あり

保育園の11月の月案指導計画(月案)、0歳児編。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、個別配慮、子育て支援、環境構成など…
子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

毎月さまざまな園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、“新 幼児と保育”2019年10/11月号ふろく「2019年度版指導計画」より、年齢に合わせてお届けします。
(※ダウンロード期限:2019年11月30日)

前月の子どもの姿

・ハイハイや歩行など動きが活発になり、探索活動が盛んになってきている。

・保育者や友達に発見したこと、ものを喃語(なんご)や指さしで伝えようとする姿も見られる。

・歌や音楽に反応し、体を揺らしたり、手を叩いたりするなど、楽しそうな表情が見られる。

・五感を刺激するおもちゃを手に取り、触れたり、見たり、音を聞いたり、穴落としなどをくり返している。

今月のねらい

・自然に触れながら保育者と一緒に戸外遊びや散策をし、さまざまな事象を見つけたり気づいたりする。

・保育者や友達と音楽に合わせて体を動かすなど、表現遊びやふれあい遊びを楽しむ。

子育て支援

・寒暖差が出てくるので、衣服の調節をすることを伝える。また、園内では自分で動けるようになってきたことを伝え、動きやすい服装を用意してもらう。

・懇談会などで家庭でも作れる手作りおもちゃを紹介し、遊びの幅を広げる。

環境構成

・行動範囲が広がるので、室内外でも遊びの空間を広げ、安全な環境で遊べるようにする。

・一人ひとりの子どもの発達を促すような玩具を多めに用意する。

保健衛生

・体調を崩しやすい時期なので、視診もより丁寧に行い、こまめな換気、水分補給を心がけ、体調の変化は早めに連絡し医師への診断をお願いする。

・戸外に出る機会が多くなるので、危険箇所、ものの点検をこまめに行う。

・健康のため、薄着で過ごすことが習慣づくようにする。



「新 幼児と保育」最新号のご購入はこちら

ダウンロード

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?