保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

7月の指導計画<0歳児>【ダウンロード期間終了】

7月の指導計画<0歳児>【期間限定ダウンロード】

子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭との連携など…

毎月さまざまな保育園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、“新・幼児と保育”2016年6/7号ふろく「2016年度版指導計画」よりお届けします。(※ダウンロード期限:2017年7月31日)


子どもの姿

・戸外に出ることを喜び、靴をはいて歩くことや、ハイハイや伝い歩きで探索することを楽しんでいる。ダンゴムシやアリなど、小さな虫を見つけると、指先を使ってつまもうとする。

・体調のいいときに、ベビーバスユニットで、沐浴や温水遊びをして、気持ちよさを味わう。コップやバケツなどに、温水を入れたり出したりして楽しんでいる。

・月齢の低い赤ちゃんが泣いていると、月齢の高い子どもがラックを揺らしたり、頭をなでたりするなど、まわりの子どもに興味をもっている姿が見られる。

ねらい

・室温や湿度に留意し、夏を快適に過ごす。

・体調に合わせて、沐浴や温水遊びをして、水の感触や気持ちよさや楽しさを味わう。

・喃語(なんご)や指さし、しぐさなどで気持ちを伝えようとし、保育者がそれに応えていくことで、やりとりや表現を楽しむ。

保育内容

・沐浴や、温水遊びをして水の感触を楽しみ、気持ちよさや心地よさを味わう。

・ハイハイや歩行で自分の行きたいところへ行き、興味のあるもので遊び、探索を楽しむ。

・特定の保育者に、喃語やしぐさで気持ちを表して受けとめてもらい、やりとりをしたり、ふれあい遊びをしたりする。

家庭との連携

・沐浴や温水遊びを行ってもよいか、保護者にチェック表を記入してもらい、毎日の体調を確認する。

・はじめての水遊びの様子や、沐浴の様子などを写真に撮って、クラスだよりで知らせたり、迎えのときや連絡帳で保護者に伝えたりする。

・夏に流行する感染症について知らせ、家庭でも予防と早期対応に配慮してもらう。

保育衛生

・こまめに水分補給し、室温の調節をして、熱中症などの予防をする。

・汗をかいたら着替えをしたり、必要に応じて沐浴やシャワーをしたりして、肌の清潔を保つ。

・温水遊びをしたあとは、水分補給をして、十分に休息をとるようにする。

ダウンロード

0538fd9cb1ccb7df28ddb08485dd36ec
【2017年版】7月の指導計画〜0歳児〜
公開期間が終了しました
44be39c60b6d5304a527f82d3ba09b33
「新・幼児と保育」最新号
※最新の指導計画ふろくがついている“新・幼児と保育”2018年10/11号は、こちらからご購入いただけます。

ダウンロードの使い方


  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ