保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム [ほいくる]

HoiClue

6月の指導計画<2歳児>【ダウンロード期間終了】

新・幼児と保育
6月の指導計画<2歳児>【ダウンロード期間終了】

子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭との連携など…

毎月さまざまな保育園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、“新・幼児と保育”2016年6/7号ふろく「2016年度版指導計画」よりお届けします。(※ダウンロード期限:2017年6月30日)


6月当初の子どもの姿

・手先も器用になり、身のまわりのこと(衣服の着脱やボタンかけなど)を、早めに終わらせることができるようになった。

・食事の前は手を洗う、あとは歯みがきをするなどを理解して生活ができるようになっている。

・戸外では、草花や虫を見つけたり、泥や砂に興味を示して触れたり、形の変化を楽しんだりしている。

・ごっこ遊びでは、年上の子どもの姿をまねたり、保育者を仲立ちとして楽しく会話する姿もあるが、葛藤も多くあり、思いどおりにならないと泣いて保育者に「〜したかった」と訴えることもある。

月のねらい

・梅雨期の衛生管理に留意し、健康に過ごす。

・保育者に手伝ってもらっていながら、衣服の着脱を自分でやろうとする。

・泥、砂、水に存分に触れて遊ぶ。

・葛藤が生じたときは、保育者を仲立ちとして、気持ちを受けとめてもらうことで、自分で切り替えられるようになる。

評価の視点

・衛生面での留意ができたか。

・梅雨期ならではの遊び(泥、砂、水)を楽しむことができたか。

・子どもの「なぜ」の気持ちを受けとめ一緒に考えることができたか。

・葛藤する気持ちに寄り添い、自分で切り替える援助ができたか。




ダウンロード

【2017年版】6月の指導計画〜2歳児〜
期限切れ

何からさがす?

カテゴリー

特集

ログイン

ほいくるのIDをお持ちの方は
このページからログインできます。

パスワードをお忘れの方はこちら

登録はお済みですか?

ほいくるメイトになる(登録)

「ほいくるメイト」ってなぁに?