保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる] 保育や子育てが広がる“遊び”と“学び”のプラットフォーム[ほいくる]

4月の指導計画<0歳児>【ダウンロード期間終了】

4月の指導計画<0歳児>【ダウンロード期間終了】

子どもたちの姿に合わせながら作る、月案の参考資料に。

予想される子どもたちの姿から、ねらい、学級(クラス)づくりのポイント、家庭との連携など…

毎月さまざまな保育園の指導計画をご紹介している、保育の専門誌、“新・幼児と保育”2016年4/5号ふろく「2016年度版指導計画」よりお届けします。(※ダウンロード期限:2017年4月30日)


子どもの姿

・新入園児は、母親から離れると泣いてしまい、保育者が抱っこやおんぶをすると少し落ち着いて過ごせる。
また食事の 時間は食べ物を口にしたがらない。
睡眠は眠りが浅く、20〜30 分で目が覚める。

・継続児は生活の様子はこれまでと変わらず落ち着いているが、以前からの担任に甘える姿が見られる。

ねらい

・特定の保育者がやさしく、丁寧にかかわりをもつなかで、安心して過ごし、新しい環境に慣れていく。

・家庭と連携して一人ひとりの子どもの生活リズムに合わせて、食事、睡眠、排泄など、個々の生活リズムをつくっていく。

保育内容

・担当の保育者とのゆったりとしたかかわり のなかで、不安がなくなり園生活に慣れていく。

・保育者と一緒に好きな玩具で遊んだり、声をかけてもらったりして、安心して生活を送る。

・天気のよい日は戸外に出て、大きい子の遊びを見たり、芝生の上でハイハイしたりして体を動かして遊ぶ。

家庭との連携

・授乳や睡眠、食事などの様子を聞き、一人 ひとりの生活リズムに合わせた保育ができる ようにする。

・日々の保育の様子を伝えて、保護者との信頼関係を培うように努める。

保育衛生

・毎朝顔色や機嫌、検温、健康状態の観察を行い、保護者からの伝言や連絡帳の確認をする。

・睡眠中は6か月未満の子どもは5分おきに、6か月以降は 15分おきに観察を行い、SIDSの予防に努める。

・一人ひとりの発達や、既往歴、アレルギー、予防接種状況などを把握する。

ダウンロード

Dbd4372b565f27aad802e10f4109cd62
【2017年版】4月の指導計画〜0歳児〜
公開期間が終了しました
44be39c60b6d5304a527f82d3ba09b33
「新・幼児と保育」最新号
※最新の指導計画ふろくがついている“新・幼児と保育”2018年12/2019年1号は、こちらからご購入いただけます。

ダウンロードの使い方


  • 新・ほいくるの準備室からお知らせ
  • ほいくるアプリ
  • Download on the App Store GET IT ON Google play

人気記事

人気キーワード

カテゴリ