あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる] あそびのタネNo.1 保育や子育てに繋がる遊び情報サイト[ほいくる]

わくわく専門コーナー

わくわく専門コーナーは、様々な専門講師による、保育がより深まるあそびがたくさんつまっているコーナーです♪


$time = time();
$time = $time + 9*3600;

if ( $time >= mktime(6,0,0,1,15,2014) ){
?>

ネイチャーゲーム

ミステリーアニマル~生きものの生態について楽しく学べるあそび~

ネイチャーゲーム みんなが知っている生きものって、どんなものがいるだろう。

ちょっと目をつぶってイメージしてみると…。

そこには意外な生きものが待っているかも?

はじめてでも楽しめる、ネイチャーゲーム。


NPO法人伊豆こどもミュージアム事務局
ネイチャーゲームリーダー・保育士
田所 佳奈
たどころ かな
NPO法人伊豆こどもミュージアム

NPO法人伊豆こどもミュージアム 田所 佳奈(たどころ かな)静岡県伊豆市在住。母の影響で、こどものころからネイチャーゲームに親しみ、学生の頃にネイチャーゲームリーダーの資格を取得。保育士時代には、保育にネイチャーゲームを取り入れ、こどもたちと楽しんできた。

現在は、伊豆こどもミュージアム森遊び塾の中で、幼児から中学生までのこどもたちに天城の森の中でのネイチャーゲーム体験、森遊びを提供。こどもたちが自然の中で自らの力で育ち合っていける空間づくりを行っている。

“ちょっとしたアプローチでこどもたちの自然に対する見方がガラッと変わります。ここで紹介させていただくネイチャーゲームを通して、いつもの場所でも、新しい発見をみんなで分かち合っていただけたら、と思います。”







ベビーマッサージ

歌の合わせての身体遊び&マッサージ☆おべんとうばこのうた

ベビーマッサージベビーマッサージの要素を取り入れた身体遊びやお歌に合わせてのマッサージ実技をお伝えします。

今月は「お弁当箱のうた」に合わせてやってみましょう♪


ベビーマッサージセラピスト
青木 博美
あおき ひろみ
ベビーマッサージ教室「Step by Step」

ベビーマッサージ教室「Step by Step」 青木 博美(あおき ひろみ)名古屋市生まれ。テレビ局勤務やブライダルコーディネーターを経て2003年長女を出産。
出産を機にベビマの素晴らしさを知り、たくさんの方に伝えていきたいと思い、2007年、ベビーマッサージセラピストの資格を取得。
現在はベビーマッサージ教室(ママ向け、パパ向け、障害児向け、プレママ向け)を定期的に開催。児童館、子育て支援団体、企業イベントなどの講師として活動中。

「ベビーマッサージの触れ合いを通して、赤ちゃんとの絆作りを応援したい…、そんな気持ちで活動しております。
赤ちゃんのお顔を見て、声をかけながら愛情いっぱいに触れてあげてください。ステキな信頼関係を育むことができますよ♪」







クッキングコーナー

自分だけのおべんとう〜クッキングの楽しさと栄養がつまったごはん〜

クッキングコーナー1年のクッキングのしめくくりにも持ってこいの、たのしいおべんとう作り。

これまで経験してきたクッキングの色々な行程や、つくる楽しさ、できあがりを楽しみにするワクワク感、体に大切な栄養についての学びがたっぷりつまったクッキングです。


管理栄養士
明田 由衣
あけだ ゆい

管理栄養士 明田 由衣(あけだ ゆい)病院で管理栄養士として働いていた頃に子どもの成長力に感動し、子どもと関わる仕事がしたいと思うように。

現在は保育園の管理栄養士として、食育を通して子どもたちの成長を見守りながら、献立作成、給食調理、アレルギー食対応や離乳食相談に携わる。

子どもたちに「食べたい」と思ってもらえるような、見た目もかわいく栄養価を配慮した献立を考案するなど、食育についてさらに勉強を重ねながら活動中。

“いつも子どもたちや保育士の先生との会話の中でクッキングや行事食のヒントをたくさんもらいます。みんなで楽しく学べ、毎日の生活に繋がるクッキングを紹介していけたらと思っています。”








栽培コーナー

カイワレ系スプラウト~室内で楽しめる観察が楽しい栽培♪~

栽培コーナー寒い冬などでも楽しめる栽培のご紹介☆

成長のスピードがとても早いので、飽きずに観察しながら楽しめる!

スプラウトには色々な種類があるので、栽培の楽しみ方もいろいろ♪


株式会社齋藤商店 代表取締役
齋藤 利晃
さいとう としあき
産直野菜と木炭の店 齋藤商店

産直野菜と木炭の店 齋藤商店 齋藤 利晃(さいとう としあき)

北海道の酪農学園大学酪農学科卒業。

卒業後、JAながぬまに就職し、主に青果販売を担当。

同農協に在籍中、北海道立花・野菜技術センターへ出向し、植物の基礎知識を学ぶ。

2008年3月農協退職後、同年5月、株式会社齋藤商店 代表取締役に就任。

大正時代から続く燃料店に加えて北海道産直商品を展開中。

「家庭菜園で大事なのは育てる気持ちと、毎日、育てている野菜の顔を見て気にかけてあげること。

野菜の表情は日々変化していきます。その表情を見る楽しさを伝えられるよう、サポートしていきたいと思います。」






}else{
?>

}
?>